インターネット家庭教師集団ヘルベテ ブログ

無料通話アプリskypeを利用して学習支援をしている団体「インターネット家庭教師集団 ヘルベテ」のブログです。 公式サイト⇒ http://skypehelvete.jimdo.com/

ヘルベテ教師紹介(2) 副代表 草

みなさん、お久しぶりです。
講師紹介記事並び、インタビュアーを担当させていただきます。はると申します。
今後とも、よろしくお願いいたします。

 

さて、講師紹介第二回!
今回は、副代表 草にインタビューを行いました。

主宰なおきと共に、ヘルベテを起ち上げた彼の熱い思いをうかがいました。


副代表 草

【経歴】
 学習院大学 中退
 社会人経験を経た後、医療系大学に再入学

【担当科目】
 数学、英語、世界史

【性別】
 男性


――なぜ、ヘルベテを起ち上げようと思ったのですか。


私は教育熱心な土地ではない田舎出身で、中学校では勉強した覚えがありませんでした。そこから進学校に進学して、生徒に勉強させるような状況に置かれてギャップを感じるようになって。結果、勉強はある程度できるようになりました。けれども、環境が大きいと痛感しました。
そこで、既存の教育の枠に捉われない、新しい学習環境を作っていこうと思いました。

 

 

――では、先生のイメージを変えるということでしょうか。


そうですね。普通の社会人とか、例えば大学で文学を専攻していたけど、銀行に就職している。そういう人が持て余している能力を活かす場があっても良いんじゃないかと思っています。また、普段働いていると、子供とふれあう機会がありません。自分のプライベートな時間を使って子供と教育的な関わりを持つ。そういう場所があってもいいんじゃないかと思います。

教育というと、普通は学校で行われる教育のことが話題になります。つまり、教育というとそれしかないように思われています。でも、そういう学校での「教育」は、教育の一部に過ぎないと考えています。普通に高校へ通って、自分の進路へ進んでゆけるのはもちろん良いことです。でも、そのように出来ない子もいるのが実情です。色んな子達が学べるための場があって良いと思っています。

 

 

――生徒さんを教えていて、楽しいと思うときは?


ヘルベテのやり方では、受け持った生徒さんと一体一で長い間かかわってゆきます。そうすると、互いに話し合って進めてゆくので、人間関係が出来てゆきます。それが楽しいです。普通に生活してたら出会えなかったような子と関われるし、その子たちが予想もしなかった変化、成長を遂げてゆくのを見られます。

また、そうやって来てくれた生徒さんたちに、講師側としては、世の中こんな人たちがいるんだって伝えてゆきたいです。高校生にとって巷の大人とお話しするのは面白いと思うんです。

 

 


――運営をしていて感じたことは?

 

当初思っていたよりも、意外と来る子が多いなという印象も持ちました。ニーズがあるのなら、こういう場があってもいいのかと思います。

 


――副代表として、一言

 

あえて今までとは違うところに飛び込んでみたりとか、自分がいかないようなところに行ってみるとか、そういう体験ができれば人生が面白くなるんじゃないかと思います。生徒さんの中に、ヘルベテがそのような体験の出来る場となる人がいたらと願いながら、これからも活動を続けてゆきたいと思っています。

「来るもの拒まず 去るもの追わず」ホームページやブログを見て興味を持ってくださった方がいましたら、気軽にお話にいらしてください。

 

おまけ:谷川俊太郎の「33の質問 」

 

1.金、銀、鉄、アルミニウムのうち、もっとも好きなのは何ですか?

  鉄。質感が良いと思うから。  

 

2.自信をもって扱える道具をひとつあげて下さい。

 ないかなあ。

 

3.アイウエオといろはの、どちらが好きですか?

 いろはの。

 

4.いま一番自分に問うてみたい問いは、どんな問ですか?

「なぜ、なぜなのか」

 

5.酔いざめの水以上に美味な酒を飲んだことがありますか?

ある。 たとえば、目覚めた瞬間より、眠りに入る瞬間の方が気持ちいいと思います。

 

6.前世があるとしたら、自分は何だったと思いますか?

人間である自分が創造を膨らませると、やはり人間のことを思います。 

 

7.草原、砂漠、岬、広場、洞窟、川岸、海辺、森、氷河、沼、村はずれ、島―どこが一番落ち着きそうですか?

村はずれ。

 

8.白という言葉からの連想をいくつか話して下さいませんか?

 

 

9.好きな匂いを一つ二つあげて下さい。

季節の変わり目の匂い。ああ新しい季節が来たな、と。  

 

10.もしできたら「やさしさ」を定義してみて下さい。

「他者のまなざしの中に自己を見ること。」  

 

11.1日が25時間だったら、余った一時間を何に使いますか?

寝る。おそらく有益なことには使いません。  

 

12.現在の仕事以外に、以下の仕事のうちどれがもっとも自分に向いていると思いますか?指揮者、バーテンダー表具師、テニスコーチ、殺し屋、乞食。

托鉢僧になってみたい。

 

13.どんな状況の下で、もっとも強い恐怖を味わうと思いますか?

病気とかやはり怖いですかね。けれども生きている以上恐怖はつきものだと思います。

 

14.きらいな諺をひとつあげて下さい。

「善は急げ」  

 

15.あなたにとって理想的な朝の様子を描写してみて下さい。

限界まで疲れて気絶するように眠った日の翌朝。 普段起きないような早い時間に起きて、遠くの空が白むところから、 まぶしい朝日が上り始めるまでの一部始終を、ボーっと眺める。  

 

16.一脚の椅子があります。どんな椅子を想像しますか?形、材質、色、置かれた場所など。

安楽椅子

 

17.目的地を決めずに旅に出るとしたら、東西南北、どちらの方角に向かいそうですか?

どっちかというと南。  

 

18.子供の頃から今までずっと身近に持っているものがあったらあげて下さい。

物に執着がないから。特にないと思う。  

 

19.素足で歩くとしたら、以下のどの上がもっとも快いと思いますか?大理石、牧草地、毛皮、木の床、ぬかるみ、畳、砂丘。

畳。  

 

20.あなたが一番犯しやすそうな罪は?

環境破壊罪

 

21.もし人を殺すとしたら、どんな手段を択びますか?

おやすみなさい。また来週。

 

22.ヌーディストについてどう思いますか?

生身の生は対比だと思うので、ずっとヌードだったらそれはヌードという装いになってしまうのでは。

 

23.理想の献立の一例をあげて下さい。

なんだろう?最近は脂っぽいものよりサッパリしてるのが好きです。 

味噌汁は欲しいです。

 

24.大地震です。先ず何を持ち出しますか?

何もしません。あるがままにその時行動します。今までもそうでした。  

 

25.宇宙人から<アダマペ プサルネ ヨリカ>と問いかけられました。何と答えますか?

(ああ、宇宙人でも発声器官と音の受容器を持っているのか。つまり、音の振動で情報を伝達しているのか。 ということは、彼らは空気があるところから来たのだろう。しかも我々が普通に聞ける音を出せるということは、 空気の組成も似通っているのかもしれない。すると、そういう天体は宇宙の近所にはないから、想像を絶する離れたところから 来た宇宙人なのかもしれない。ならば人間のテクノロジーをはるかに凌駕する文明を持っているだろう。 正直、何を言っているのかわからないが、ぶしつけな態度をとって戦争になれば人類などひとたまりもないはずだ。 ここはひとつ、歓待しておこう) 「地球へようこそ」  

 

26.人間は宇宙空間へ出てゆくべきだと考えますか?

そうだと思います。本能的に人は空を飛びたいと願っていると思います。 

 

27.あなたの人生における最初の記憶について述べて下さい。

父親の煙草の吸う真似 

 

28.何のために、あるいは誰のためになら死ねますか?

死があるから、何かや誰かのために生きられる!

 

29.最も深い感謝の念を、どういう形で表現しますか?

表現せずに、胸にしまって、歩き出すこと  

 

30.好きな笑い話をひとつ、披露して下さいませんか?

歌手のaikoは「冬の歌を書いてくれ」と頼まれて「カブトムシ」という曲を作った。 理由は、ぴったりとくっついている感じがするから。

 

31.何故これらの質問に答えたのですか?

見てくださる皆さんにヘルベテと私の紹介が出来たらと思いました。 しかし、なかなか文の羅列で自分を表現するのは難しいですね。 気になった方がもしいらっしゃったら、ヘルベテにお話にいらしてください。 いつでも歓迎です。 

 

彼の口からあふれ出てくる言葉は、どれも高い温度をはらんでいます。さまざまな知識に裏付けされ、彼の視点によって切り取られた世界は、普段は気にも留めないようなことを思い出させてくれます。

 

今回は副代表 草を紹介いたしました。

次回は講師 あさりを紹介いたします。

よろしくお願いいたします。

 

                                 担当 はる