読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

インターネット家庭教師集団ヘルベテ ブログ

無料通話アプリskypeを利用して学習支援をしている団体「インターネット家庭教師集団 ヘルベテ」のブログです。 公式サイト⇒ http://skypehelvete.jimdo.com/

ヘルベテ教師紹介(6) けんすけ

今回は、ヘルベテ教師随一の読書家、けんすけさんの紹介です。

 

出身 群馬県

学歴 学習院大学法学部政治学科 卒業

職業 郵便局員

担当科目 地理など社会科目全般

 

――ヘルベテに関わることになった経緯を教えてください。

学生時代にサークルで知り合った小澤代表と茂木副代表と仲良くしているうちに、知らず知らず協力する形になっていました。

 

――協力してくれるよね?という感じでしたか。

そんな感じですね(笑)。2人は自分にない発想力や行動力を持っていて、そこに憧れているところはあります。一緒にいて楽しいし、勉強になる。それで、今に至っています。

 

――生徒に接するときに意識していることはありますか。

生徒さんが進んで勉強できるように、教師ではなくモチベータ―の役割を担うことです。一緒に勉強しているような感覚ですね。

 

――興味を持ってもらえるようなネタはありますか。

私は生徒の話を聞いている方が面白かったので、自分のネタはあまりないですね。

鉄板、といえば、自分の仕事についてですかね。誰もが知っているけど、仕事の中身は意外に知らない、みたいな。

 

――趣味はありますか。

趣味は読書と音楽です。今は海外文学で、翻訳本をメインに読んでいます。ジャンルはファンタジカルな作品、あるいは、ミステリーではないけど、読んでいて仕掛けがあるものが好きです。作家は、ガルシア・マルケス、ピンチョンなどで、国でいえばアイルランドの小説が好きです。

 

――アイルランドの小説が好きという方、初めてお会いしました。

「地の果て」の小説が好きなんです。日本の小説でも、都会のど真ん中とか、地方とか、変な場所を描いたものが好きです。

――音楽の方で好きなジャンルは。

プログレッシヴ・ロックが好きです。「SEKAI NO OWARI」や「ゲスの極み乙女。」の先輩筋にあたるジャンルです。ダサいし、ポップではないけれど、やってることが面白いんです。バンドそれぞれが考える、今までにないロックンロールをやるんです。一回性のあるライブにこだわってみたり、様々な形があります。

 

――読書は昔から好きだったのですか。ハマったきっかけは。

高校生くらいまではあまり本を読んだことがなかったです。世界史で作家の名前や作品名だけ覚える。それだけしか知らないというのは、面白くなくて。大学に行ったら、古典を読もうと決めたんです。

ガリバー旅行記」という皮肉が強いものを読んで、そこから古典的なものを中心に夏目漱石ドストエフスキー村上春樹などを読んでいるうちに今に至ります。

 

――ここでも海外文学ですね。

壮大さを突き詰めていくと翻訳ものの文学に行きつきます。これははずれがない。わざわざ翻訳されている時点で期待できます。“はずれ”ないために好んで読んでいるところがあります。住んでいる世界とはまったく違う世界に行けるのもいいですよね。

 

――オススメの本を紹介していただけますか。

夏目漱石の「三四郎」は面白いと思います。漱石の作品を読むと、漢文を勉強するモチベーションになりますね。彼は漢文が好きで、自分で漢詩を作るくらい造詣が深いです。美しい日本語は漢詩の存在が見られますから、日本語を正しく読むためには漢文が必要だと実感できると思います。その優れた実例を目の当たりにするのに、漱石の小説は良いと思います。

あとは、安部公房も面白いと思います。わけわからん小説で、そこが良いです。日本人が書いていますが、世界がでかいです。

村上春樹はクセがなくて、読んでいてかっこいいです。人によっては、「やれやれ」がうざいなと感じるかもしれません(笑)

 

――このページを見ている学生、保護者へ最後に一言

ヘルベテは、ネット上の架空の空間で行われていますが、楽しい“場所”であると思います。先生も生徒も面白くて個性的な人たちが集まっているので、話していてとても面白いです。ネットを介しているので、怖いもの見たさでもいいですし、自分の場所を見つけてない人もどうぞ来てください。ここには、押しつけがましくない帰属感があると思うので。「ハルヒ」感があります(笑)日常に物足りなさがある人は是非!

 

朴訥とした優しい語り口で、ついついこちらが「しゃべらさられてしまう」こともありますが、本を語るとその語りからあふれる熱量に圧倒されます。心底好きなものがあるのは、それだけで魅力的だなと感じさせる方でした。

 

文:治田夏葉

 

谷川俊太郎の33の質問』

 
1.金、銀、鉄、アルミニウムのうち、もっとも好きなのは何ですか?
「銀」です。金の艮だからです。
 
 
2.自信をもって扱える道具をひとつあげて下さい。
「指サック」です。親指が臭くなるくらい、使いこなしております。
 
 
3.女の顔と乳房のどちらにより強くエロチシズムを感じますか?
小さいのが好きな方が収入が多い傾向にある、という話を聞いたことがあります。
いまの私は低収入なので、推して知るべし、であります。
 
 
4.アイウエオといろはの、どちらが好きですか?
「アイウエオ」でしょうか。意味のない文字列に、意味を見出したいです。
 
 
5.いま一番自分に問うてみたい問いは、どんな問ですか?
ドライアイでない眼で世界を見渡せるならば、どんな景色を見たいですか?
 
 
6.酔いざめの水以上に美味な酒を飲んだことがありますか?
新宿ベルクのギネスビール、大英博物館前のパブで飲んだエール、悪友と飲み交わすさくらチューハイ、粗相する電気ブランなどなど。
経済と体力と世間が許せば、酒は常に美味いものなのです。
 
 
7.前世があるとしたら、自分は何だったと思いますか?
ビタミン剤か豆腐のような、つまらないものだったのではないでしょうか。
 
 
8.草原、砂漠、岬、広場、洞窟、川岸、海辺、森、氷河、沼、村はずれ、島―どこが一番落ち着きそうですか?
RPGのフィールドのようですね。町はずれなら、どこでも適応できると思います。
そこでわたしは非戦闘的なスライムとして登場することでしょう。ぷるぷる。
 
 
9.白という言葉からの連想をいくつか話して下さいませんか?
独白、というのはひどくセンセーショナルなように思われるかもしれません。
ところがそれは案外誰もが考えていることを言うだけで、吐露損になる場合が多々あります。
それでもやらないよりはマシです。潔白の証明、そして共犯への誘いとなるからです。
 
 
10.好きな匂いを一つ二つあげて下さい。
生にんにくの匂い。ラーメン二郎の行列に並んでいた学生時代を思い出します。くさそうなマドレーヌ効果ですね。
 
 
11.もしできたら「やさしさ」を定義してみて下さい。
相手になりかわろうとすること。用例:「ー・いあの人は、自分にとって都合がいい存在」
 
 
12.1日が25時間だったら、余った一時間を何に使いますか?
睡眠時間。二度寝、三度寝します。
 
 
13.現在の仕事以外に、以下の仕事のうちどれがもっとも自分に向いていると思いますか?指揮者、バーテンダー表具師、テニスコーチ、殺し屋、乞食。
職人になりたいので、表具師がいいです。ところで、表具師って何ですか?すみません。
 
 
14.どんな状況の下で、もっとも強い恐怖を味わうと思いますか?
身に覚えのあるミスが、大事になったときでしょうか。真摯に償わなければならないからです。
 
 
15.何故結婚したのですか?
結婚してません。
 
 
16.きらいな諺をひとつあげて下さい。
郷に入っては郷に従え。自分の行動原則のひとつではありますが。
 
 
17.あなたにとって理想的な朝の様子を描写してみて下さい。
目 を覚ましました。きょうは休日でした。
 
 
18.一脚の椅子があります。どんな椅子を想像しますか?形、材質、色、置かれた場所など。
幕が引いたステージの上にぽつんと残っている、規格品の椅子。
これを使った前衛劇が始まる前なのか、それとも終わった後なのか。
 
 
19.目的地を決めずに旅に出るとしたら、東西南北、どちらの方角に向かいそうですか?
北へ行きたい。遠くへ行きたい。どこまでも。
 
 
20.子供の頃から今までずっと身近に持っているものがあったらあげて下さい。
マッサージ棒。湾曲してるやつです。昔から凝り性でした。
 
 
21.素足で歩くとしたら、以下のどの上がもっとも快いと思いますか?大理石、牧草地、毛皮、木の床、ぬかるみ、畳、砂丘。
畳でしょうか。それ以外の場所は、足に何か刺さりそうで怖いです。
 
 
22.あなたが一番犯しやすそうな罪は?
 
 
23.もし人を殺すとしたら、どんな手段を択びますか?
失踪させる。
 
 
24.ヌーディストについてどう思いますか?
哲学的だなあと思います。
 
 
25.理想の献立の一例をあげて下さい。
帰宅して風呂上がり。玄米とめざしと冷奴を食す。長年の連れ添いと、ぬる燗を一杯交わす。
 
 
26.大地震です。先ず何を持ち出しますか?
とりあえずスマホでしょうか。備えがないので憂いばかりです。ちゃんと用意しとかないと。
 
 
27.宇宙人から<アダマペ プサルネ ヨリカ>と問いかけられました。何と答えますか?
ハマタイ!(と叫び、握ったこぶしの甲が外を向くように、顔の前で腕を交差させる。)
 
 
28.人間は宇宙空間へ出てゆくべきだと考えますか?
さっさと進出すべきです。
 
 
29.あなたの人生における最初の記憶について述べて下さい。
父方の祖父家にお泊りしたとき、祖母から夜食のサンドイッチを作ってもらったこと。2~3歳の頃だったと思います。
 
 
30.何のために、あるいは誰のためになら死ねますか?
自主的に死ぬというのは、あまりなさそうです。
むしろ、主義と現実の狭間で圧死、結果的に誰かのために死んだことになってる、というほうがありえそうで困ります。
 
 
31.最も深い感謝の念を、どういう形で表現しますか?
相手の目を見て「ありがとう」。
 
 
32.好きな笑い話をひとつ、披露して下さいませんか?
 
さくらんぼのタネを飲んだケチべえさん、頭から桜の木が生えちゃった。
どこから来たのか物見高い江戸っ子が、桜の木の下でドンチャン騒ぎ。
うるさくて夜も寝られぬケチべえさん、桜を根っこから引き抜いちゃった。
頭にはぽっかり穴が開いてる。雨が降り、水がたまると、池になる。
どこから来たのか遊び好きな江戸っ子が、舟を浮かべてドンチャン騒ぎ。
うるさくて夜も寝られぬケチべえさん、頭の池に飛び込んで死んじゃった\(^o^)/
落語「あたま山」です。
 
33.何故これらの質問に答えたのですか?
答えよ、と天の声が聞こえたからです。啓示に反すると、ロクなことがありませんものね。
 
この集団は酔狂と敬虔とを兼ね備えている、ということが少しでも伝われば、と思います。
お付き合いいただきまして、誠にありがとうございました。