読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

インターネット家庭教師集団ヘルベテ ブログ

無料通話アプリskypeを利用して学習支援をしている団体「インターネット家庭教師集団 ヘルベテ」のブログです。 公式サイト⇒ http://skypehelvete.jimdo.com/

ヘルベテ講師紹介(7) かなさん

教師紹介

毎度おなじみ、ヘルベテの講師紹介です。

今回は歴史をロマンたっぷりに物語る、かなさんをご紹介します。

 

かなさん

 

学歴:学習院大学日本語日本文学科卒業

職業:大学職員

担当:日本史・世界史・国語

 

――ヘルベテに参加した経緯を教えてください。

 

代表小澤と副代表茂木から世界史と日本史の先生をしてくれないか、とオファーを受けたからです。

二人は大学時代に初めてできた友人で、私が歴史オタクなのを知っていました。しゃべることも好きなので、いいかなーと気軽に始めました。

 

――教えているときに気をつけていることはなんですか。

 

楽しい授業をしたいと思っています。

歴史はもう覚えるしかない科目ですよね。そもそも私が授業する必要はないんですよ。じゃあ授業をする意味って?と考えると、少しでもその時代の考え方とか、ロマンを感じてほしいのでそこを伝えるところに意味があると思います。想像の力を働かせてその時代に共感できるような授業をやりたいと考えています。

 

――歴史の面白さってなんですか。

どの時代にもいろいろな考えを持った人がいて、それぞれが正しいと主張することでいろいろな戦いが起こるわけです。その時代の人たちがどんなことを思っていたのか、そこにロマンがあると思います。現代の価値観から言えば、変なことだらけですよね、歴史って。名前が残ってる人たちっていうのは、相当な変人ですよ。そこを感じられたら面白いって感じだと思います。

歴史ってやりすぎなくらい細かい所を見ていく方が面白いし、かえって覚えやすかったりしますよ。アニメやゲームから入ってももちろん良いと思います。

 

 

――何時代が一番好きですか。

 

中国の春秋・戦国時代が一番好きです。紀元前250-300年くらいですかね。一番多くの人の感情が見える時代だからです。広い中国で大きい国が7つ小さい国は数十か国あって、それぞれの国が「自分たちが正しい」という信念を持って勝手に色々やるんです。それぞれの正義のために戦うなんて、ロマンチックだと思いませんか。そうして、人生における素敵なものってなんだろうってみんなが考え始める。すると、孔子墨子(ぼくし)やいろんな人のいろんな価値観が出てきて、それがいろいろな宗教の元になる。人の考えや強い願いや感情のこもったものが好きなので、主張そのものを面白がってもいいし、それを聞いて自分はどう考えるのかと考え直すことも面白いと思っています。

 

――趣味はなんですか。

 

趣味と訊かれると、困ってしまいますね。とりあえず、本が好きです。それから、音楽、テニス、水彩画、中国拳法、居合、料理も好きです。色々あります。

 

――多趣味ですね!!詳しく伺っても良いですか。

 

本に関しては、本のための部屋を一室借りています。本の重みで部屋が歪むくらい持っています。そのくらい「本」というものが好きです。

音楽は、フルートとクラシックピアノ、キーボードもやります。テニスは軟式を中学時代に、硬式を高校大学時代にやっていました。水彩画は個展を開いたり、同人誌を出したり。中国拳法と居合は昔やっていた程度ですが、今でもそこそこ。学生時代にイタリアンのシェフをやっていたので、料理もそのころからでしょうか。

 

――引き出しの多さに驚きます。

 

自分が表現したいことの表現方法を模索していったら、自然と趣味が多くなりました。これは音楽で、これは絵で、これは文で表現したいな、と。表現したいものはそれに適した形があるので。

 

――本好きということですが、書くのも好きそうですね。

 

そうですね。大学時代にも演劇サークルで台本を、文芸サークルで小説を書いていました。観念小説、といいますか。正解がないことを考えるのが好きなんです。

 

――受験生にオススメな本はありますか。

 

初期の泉鏡花はオススメです。文章は長くないし、現代とあまり変わらない文体で書かれているので。一個の明確なテーマについて書かれているところも分かりやすくて良いと思います。「夜行巡査」とか「義血侠血(ぎけつきょうけつ)」とか。この二つは「恋愛と仕事、どっちが大事?」というテーマで描かれています。どちらが正しいって言えないテーマでしょ?だから面白いんです。

明治文学はラノベよりも面白いですよ。

 

――かなさんが受験生だったころの経験を教えていただけますか。

 

このころから勉強は楽しかったです。数学は苦手でしたけど。勉強は何らかの意味があって面白いと思えるので、それが見出せるかどうかだと思います。

 

 

こちらが聞き出す前に秘めている思いが溢れる溢れる。

歴史を暗記科目ではなく、「人々の思いが詰まった物語」として語るかなさんの説明は、歴史嫌いの私でさえ「面白そうかも」と思わせるような説得力と熱が含まれていました。

 

以下、『谷川俊太郎の33の質問』に回答していただきました。

 -------------------------------------------------------------------------------------------------------

1.金、銀、鉄、アルミニウムのうち、もっとも好きなのは何ですか?
A.銀です。神聖なイメージもさることながら、自分の好きな夜によく合う金属だと思います。
一方、金は権力と下品さ、鉄は赤錆の匂い、アルミニウムは重厚感に欠けるイメージがあるので
消去法でも銀ですね。すぐにくすむので管理が面倒ですが。
 
2.自信をもって扱える道具をひとつあげて下さい。
A.扇子。結構使い道豊富で便利ですよ。
何にでも使えますし、何もしてない時でも手に馴染みます。

3.女の顔と乳房のどちらにより強くエロチシズムを感じますか?
A.顔です。女性らしさは乳房にもありますが、エロチシズムは感情であり、感情を最も表現するのは顔です。
 
4.アイウエオといろはの、どちらが好きですか?
A.いろは。文字は文章になって初めて記号から文字になります。
筆で万葉仮名を用いアイウエオといろはを書いてみると、その差は歴然ですよ。

5.いま一番自分に問うてみたい問いは、どんな問ですか?
A.「貴方は貴方に貴方が間違っていないと胸をはれますか?」
 
6.酔いざめの水以上に美味な酒を飲んだことがありますか?
A.私は反対に酔うためのお酒の方が美味しいと思います。
酔いが醒める前に寝ちゃいたいですね。
たとえば、寝る前に枕元に用意するブランデー入りの紅茶とか、甘いカクテルとか好きです。


7.前世があるとしたら、自分は何だったと思いますか?
A.キツネです。間違いなくキツネです。これは確定的に明らかです。

…キツネってかわいいよね??


8.草原、砂漠、岬、広場、洞窟、川岸、海辺、森、氷河、沼、村はずれ、島―どこが一番落ち着きそうですか?
A.洞窟の環境にもよりますが、村はずれが無難かなぁ。
静かで日光を避ける事ができ、落ち着けるところがいいですが、虫とか苦手なんで…。
 
9.白という言葉からの連想をいくつか話して下さいませんか?
A.白っていうのはカンバスや布地でもそうですが、最も色を付けやすい色なんです。
 言い方を変えるのであれば,どんな色でも受け入れるのが白ですね。
 でも、白は可視光を最も反射しているから白く見えるんです。
 つまり、何も受け入れないから白は白色なんですよね。
 だから何かって話でもありませんけれど。

10.好きな匂いを一つ二つあげて下さい。
A.紅茶の匂い。あとはプリンの匂いとか。食べ物以外なら一般的な香水やらお香なんかも普通に好きです。

 
11.もしできたら「やさしさ」を定義してみて下さい。
A.私が私の幸せを願わない事。
 
12.1日が25時間だったら、余った一時間を何に使いますか?
A.それはいい。24時間、思いっきり過ごしても、それを恋人と分かち合うための時間が作れますね。
 
13.現在の仕事以外に、以下の仕事のうちどれがもっとも自分に向いていると思いますか?指揮者、バーテンダー表具師、テニスコーチ、殺し屋、乞食。
A.バーテンダー。昔やってましたが結構向いていると思いました。
 
14.どんな状況の下で、もっとも強い恐怖を味わうと思いますか?
A.自分が何をしても、どんなに頑張ってもかなわないという人間に出会えた時に、
 それでも自分を信じてくれる人がいた時。


15.何故結婚したのですか?
A.愛する人を自分は決して裏切らないと、わかっているからこそ、契約で縛りたかったのです。
 
16.きらいな諺をひとつあげて下さい。
A.「門前の小僧、習わぬ経を読む。」
それは経を読めるとは言わない。ならってもいない、意味も考えてもいない、そんな経文はただの狂人の戯言です。


17.あなたにとって理想的な朝の様子を描写してみて下さい。
A.朝起きるのが苦手な私が珍しく早起きをしました。。非常に寒い日で、窓の外に見える湖には朝霧が立ち込めています。
布団をかけ直し、肩を温めながら、となりで眠る恋人に目をやります。
起こさないよう気を付けながら、その髪をそっと梳くのです。
なんか、恥ずかしくなってきました 。

18.一脚の椅子があります。どんな椅子を想像しますか?形、材質、色、置かれた場所など。
A.とても大きな部屋です。その真ん中に細やかな装飾の掘られた豪華な椅子がぽつんと置いてあります。
とても上等な素材でできた椅子で、座り心地よさそうです。ですが、この椅子に座ると、きっと寂しいのでしょう。。

 ドラクエとかに王様って出てきますよね。お城の奥にいるあのおじさん。
 あのお城のお姫様も衛兵もコックもみんな居なくなったら…。
 蝋燭と月明かりだけが照らす玉座に何をするでもなくたった一人で座る王様。
 そんなイメージ。

19.目的地を決めずに旅に出るとしたら、東西南北、どちらの方角に向かいそうですか?
A.東。南北は暑くなったり寒くなったりするので嫌です。
東西だったら東の方が漢字がカッコ良くないです?
 
20.子供の頃から今までずっと身近に持っているものがあったらあげて下さい。
A,わかんないなぁ。。物はため込む方なのでなんらかしら持ってますが、整理が苦手で…。
 
21.素足で歩くとしたら、以下のどの上がもっとも快いと思いますか?大理石、牧草地、毛皮、木の床、ぬかるみ、畳、砂丘。
A.毛皮。もふもふ。ふさふさ。
 
22.あなたが一番犯しやすそうな罪は?
A.うわぁ、いろいろやらかしそう…。しいて言うなら道路交通法違反?
ほら、とっても身近ですし。自転車の二人乗りくらい私にも経験あります。
それに、このくらいなら他のあれこれと違って言っても怒られるだけで済みそうだし…

23.もし人を殺すとしたら、どんな手段を択びますか?
A.斬殺。私は意味もなく人を殺したりしませんので、きっと何か理由があったと思います。
それが恨みなのか、愛なのか、はたまた他の理由があったのかわかりませんが何らかしらあるのでしょう。
だったら、その理由を噛みしめながら相手を「殺している」と感じられる方法で殺したいです。
幸い(?)居合道の心得がありますので日本刀とかあるといいですねー。
 
24.ヌーディストについてどう思いますか?
A.服ってゴワゴワしますから、気持ちはわからんでもないです。
でも恥ずかしいので私はプライベート空間以外ではちょっと真似できないですね。

25.理想の献立の一例をあげて下さい。
A.紅茶とプリンアラモード。あとティラミス!…がデザートに出てくるなら何でもいいです。

あ、鱧の天ぷらとか、浅葱の湯葉巻とか好きです。が上記に合いませんねェ…。
 
26.大地震です。先ず何を持ち出しますか?
A.私、案外こういう自分の力でどうにもならない事態には弱いので、たぶん何も考えずに行動すると思いますよ…。
そーすると、いつも持っているのは財布、ケータイ、定期、時計、扇子くらいかなぁ。


27.宇宙人から<アダマペ プサルネ ヨリカ>と問いかけられました。何と答えますか?
A.首をかしげながら「ふぇ??…は、はぃ~?」

28.人間は宇宙空間へ出てゆくべきだと考えますか?
A,少なくとも私は遠慮します。宇宙とか遠すぎて手に余ります。身近なものすらまだ何も知らないのに。
宇宙に出ていくぐらいならば、恋人の家にでも出かけますよ。

29.あなたの人生における最初の記憶について述べて下さい。
A,叔父の膝の上に座ってハッピー〇ーン的なものを食べさせられています。甘やかされていたんでしょうね。 
 
30.何のために、あるいは誰のためになら死ねますか?
A、愛する人の為。
いや、個人的には逆で「愛する人の為なら生きたいと願える」なんですけど、それがかなわなくなったときや、力及ばなかった時に死ぬと考えれば同じかなぁ。
 
31.最も深い感謝の念を、どういう形で表現しますか?
A、抱きしめる!
 
32.好きな笑い話をひとつ、披露して下さいませんか?
A、ある日のペットショップでの出来事。
Aさん「最近ペットに店番させるのが流行ってるらしいから、俺の店もそうしようと思ってさ。」
店員「成程~。ならインコなんていかがです?接客なら話せた方がいいでしょう」
Aさん「それもそうだな。だが、そんな賢いインコいるのかい?」
店員「うちには3羽もいますよ!10$のやつと30$のやつと150$のやつです」
Aさん「何で値段が違うんだい?種類か?」
店員「種類は同じですが、できることが違うんです。10$のやつは挨拶や受け答えはバッチリです。」
Aさん「ほう、10$でそれか。すごいなぁ。じゃぁ30$のやつは??」
店員「接客はもちろん、数学もマスターしていてレジ打ちや会計処理なんかもできますよ」
Aさん「それはすごい!!そしたら150$のやつは接客、会計に加えて何ができるっていうんだい??」

店員「そいつは会計なんてできませんし、接客も下手糞ですよ」
Aさん「じゃぁどうしてこいつが一番高いんだよ」

店員「私もなぜかわからないんですが、他2匹がそいつの事をボスって呼ぶんですよ…。」

33.何故これらの質問に答えたのですか?
A、楽しそうだったから!

文:治田夏葉